スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
挨拶のない新しいコミュニケーション
 おはようございます

仕事とプライベートで感じたこと

「若い世代は礼儀正しいけど、モラルレベルが低い」

別に「今の若者は」という話でない

レジを売っていても「ありがとう」と言ってくれるのは若い世代

年寄りは”買ってあげた””我が物顔”という意識が相当ある

無論そのような人でない、しっかりした年寄りも居るが、大抵はお客様と店員が悪い意味で上下の関係

若い世代は、ほぼいい意味でお客様と店員がフラットな関係

アルバイト先には結構大学生が入ってくる

そこで今までの発想であれば、”新しく入ってきた人が自己紹介をする”はず

でも自己紹介がない

今までの常識だと、新しい人が皆に名前を知ってもらうために自己紹介をする

別に自己紹介をしないのが悪いとは言わない

俺からフレンドリーにすれば解決する話

で、最近思った

ハイコンテクストな日本には、形式だった自己紹介や挨拶は必要ないんじゃないのかと

日本のよくある光景

「おはようございます」

「おはようございます」

と挨拶を交わす光景

この挨拶って本当は不自然

ただしょうがないから挨拶しているだけ

挨拶って本当は「おはようございます」の後に何か一言があると思う

”挨拶”する関係であれば

出欠確認だけのような挨拶なら必要ないんじゃない?

いっそのこと形式だった挨拶なら「ども〜元気?」くらいの勢いでいいじゃない

そっちのほうが会話が生まれるよ

そりゃ〜会話したくない人だったり、日があるだろうけど

日本なら下手に「おはようございます」で終わりそう

って俺だけか・・・・
| ファディガ | 雑談 | 10:17 | comments(0) | trackbacks(0) | -
AKB48とモーニング娘。の違い〜グッズ編〜
 こんばんわ

最近AKB48に注目していて中学〜高校生の頃のモーニング娘。を思い出す感じ

で、違いについて考えてみた

それはグッズについて

モーニング娘。が全盛だった時代は2000年代前後とAKB48が登場してきた2000年代後半から2010年代とは音楽業界の状況は全然違うのを考慮して

モーニング娘。が好きで俺がわざわざオフィシャルショップに行ったときは、とにかく多くのオフィシャルグッズが存在していた

写真は勿論だが、その他諸々多くのグッズがあった。文房具類みたいな物やうちわなどもありとあらゆるグッズが

それに比べてAKB48のオフィシャルショップに行くと常にグッズが売り切れている

いつも売っているグッズはCDなりDVDなりオフィシャルショップに行かずとも買えそうな物ばかり

メンバー個人のグッズは人気の無いメンバーのがちらほら

何が違うのかってグッズの種類が圧倒的にモーニング娘。多いのは確か

AKB48のグッズは並ばないと買えないし、プレミアも付く

モーニング娘。の時はまだCDの時代で音楽業界はある程度売り上げも見込めた時代

今はCDが全く売れないし、音楽は無料でも手に入る

その中で如何に売り上げを上げるか、AKB48のとった手法は希少性と親近感をベースとした"売れないCDを逆利用"と"自分の土俵以外にも売り上げの場を作る"こと

俺がAKB48を知ったのはAKB商法と呼ばれるセールス手段

メンバー人数分のグッズを付けてCDなどの数を稼ぐ方法

それは単にコンプリートする発想のみではなく、オフィシャルショップで売っているグッズが少ないのでオフィシャルグッズの希少性が高くなっていること

その希少性の高さを利用して今売れないと言われているCDと合わせてオフィシャルグッズを売っていく

合わせて「会いにいけるアイドル」というコンセプトも捨てないよう握手券も付いてくる

それも握手券分メンバーと握手ができる

その希少性と親近感でCDが売れない時代にCDを売り、音楽チャートの上位に名前が来る

結果マスメディアにも名前が取り上げられ自然とプロモーションにも繋がっていく

2つ目の"自分の土俵以外にも売り上げの場を作る"というのは、オフィシャルグッズの種類が少なく、合っても直ぐに売り切れて手に入らないことが多い

それでもCD、オフィシャルショップ以外にグッズが手に入る方法がある

それはCMで起用された企業のグッズ

例えばセブンイレブンのCMをやったときはベアブリックとコラボしてメンバー48人がデザインした48体のベアブリックが店頭のくじで当たったり、ぷっちょだと21人?のメンバーのぷっちょストラップがくっついてきたりした

やっぱりファンはそういうグッズも買いたくなる。加えてオフィシャルショップが近くないファンやAKB48を遠い存在に感じるファンは買ってしまう

人数分のグッズの種類が存在し、コンプリートのため欲しいメンバーのグッズが当たる確率が低いため数多くの商品が売れていく(推測)ので企業も嬉しい

これがモーニング娘。と決定的に違う

モーニング娘。は"モーニング娘。"でしか売れなかったからメンバーの分の数を稼げない

グッズは大量に種類を作って売る。それも比較的安い単価のものばかり

何かグッズを買ってもプラスアルファで付いてくる特典も少なかった

単にCDを売ってテレビに露出してコンサートやって

それでよかった時代だから

でも今はCDは売れないし、何もかもが共有できる時代

如何に共感しながら共有させないかがAKB48のグッズ売りでないかい
| ファディガ | 雑談 | 02:53 | comments(0) | trackbacks(0) | -
「気持ち」という曖昧さ
 日本代表アジアカップ優勝おめでとうございます

若いチームがここまでの経験を出来たのは凄く貴重

今後に活かして下さい

で、あの長友を1.5列目に上げた采配。あれは選手がザッケローニに提案したようで

今野が少し足に痛みあったのでコンタクトが少ない左サイドバックでと

大会通しても延長あり、PK合戦あり、逆転あり、10人の試合ありと物凄くメンタル面でも鍛えられたような

最近は山本正邦を筆頭に「気持ち」=メンタル面をゲーム中に強調する人が多い

別にそれって間違いじゃない

気持ちで負けていればゲームでも負ける可能性が非常に高い

本田圭祐もほぼメンタルコントロールでゲームは決まるみたいな発言はしているし、今までの日本代表も強豪国と当たるときは名前負けしていた

で、「気持ち」で戦うってなんなのよってなるの

「気持ち」って根性っていう解釈もされてしまう

ランニング何週とか、長時間の練習や1年生は球拾いからみたいな発想だったり

何もメンタル面が成長する根拠も無いのにとにかくやらせる「落とすための練習」、実戦のための練習とか部活とかでなく

「気持ち」ってのは判断ができていながら出来ないことをやることなんじゃない?

ここにポジショニングしていれば相手は嫌だろうなという所にサボらずにきちんとポジション取りしてみたり、この五分五分の状態で勝負してみればという所で思い切って勝負したり、ゲーム始まる前から気負いしないで冷静に状況を把握したりとか

それってメンタルのみだけでは解決できないよね

どんなに気持ちがあっても身体能力が備わってないと当然動くことできないし、ゲームを読む能力だったり状況を打開する能力が無ければ事を起こすこともできない

それを過少に自分の能力や状況を判断してしまったりする、それが「気持ち」が足りないという状態

何も根性で解決とかじゃなく自分自身の能力に自信を持つこと、冷静に現在の状況を把握することが「気持ち」の部分

そのチャレンジできる状況、失敗できる状況も作っていかないといけない

なんぼ居残りで1000本シュート打ったからってゴールの確率上がるわけでもない

100本でも集中することのほうが「気持ち」の強化に繋がる

そう常日頃から奴隷生活していれば「気持ち」が強化されるっていうわけでなく、集中して自身と高めそれに見合った能力を身に付けていくのが「気持ち」の本来の姿ではないか


| ファディガ | 雑談 | 02:28 | comments(0) | trackbacks(0) | -
密かな趣味?
 1月26日に市橋達也の手記が発売する

2007年3月に外国語教師のリンゼン・アン・ホーカーさんを殺害し、2009年11月に逮捕されるまで2年7ヶ月間の逃走中の生活をつづる

これがどうしたのって話になるけど、俺の変わった趣味の一つに未解決事件&指名手配というのがある

どんな趣味かって昔やっていた未解決事件の特集番組が好き見ていてはまっていき、だんだんと未解決事件、指名手配犯に詳しくなっていった

別に必死になって指名手配犯を探したりするとかでないが、未解決事件と指名手配犯が好き

交番とか警察署の前を通りかかって指名手配の写真があれば眺めてしまう

今はインターネットでも指名手配犯の情報が見ることができる


何故こんなにも指名手配、未解決事件に興味を持つようになったのか

それは福田和子という指名手配犯の存在なくしてはあり得ない

福田和子は1982年に松山市で同僚のホステスを殺害た松山ホステス殺害事件の犯人

最終的に時効成立21日のところで逮捕され、2003年11月最高裁で無期懲役が確定し、服役。2005年3月には脳梗塞で死去した

この福田和子のとりこになったのには3つの理由がある

1つめは顔が怖いこと

福田和子は逃走中に何度も顔を整形し、顔を変えたのだがその度に顔が怖かった

小学生の頃の俺には非常にショッキングで夜歩くのも怖くなってしまった

2つめは「7(8)の顔と20の名前を持つ女」

福田和子は指名手配番組で紹介されるときはこんな異名が付けられ紹介されていた

7の顔というのは公開された指名手配写真の数なのだが、その写真が毎回整形やら時間の経過と共に違った人物のように写っていた

8番目の顔は何なのかというと逮捕されて警察によって撮影された写真

この写真も指名手配の参考写真と違っていた

20の名前というのは逃走中日本全国を点々とする中使い分けていた偽名の総数

この奇妙さも福田和子への興味をそそった

3つめは俺と誕生日は同じ

指名手配番組で福田和子の特集の時、松山市警か愛媛県警に福田和子の縦看板が飾ってあり見ると1月2日と・・・・

事件発生日時だろうと思っていたが、思いたかったが誕生日だった

こんな福田和子を期に段々と未解決事件&指名手配にのめり込んでいった

今注目している指名手配は小暮洋史です
| ファディガ | 雑談 | 12:19 | comments(0) | trackbacks(0) | -
脳みそには荷物は必要?
 アルバイト先のテーブルで娘か嫁さんかがi phoneを使っていてお父さんがレクチャーされいた

「これでメモ代わりになって」

と色々とアプリの説明をしていた

そこでお父さんが

「荷物は軽くしても脳みそは軽くするな」

と言ったのだ

意味深いね〜と思いながらもアナクロなのかなぁ〜とも思いつつ

最近のビジネス書のメモ術なり仕事術、ハック系の本は"如何に脳に荷物を置かないでスムーズに思考できる状態を生み出せるか"というのがメイン

なんでも情報を詰め込んでいたら脳がパンクしていい思考が出来ない。なので脳で無駄な情報を預けられるのなら預けて、脳の使える容量を常に100%近くにしようという

そんな発想と近い関係のi phoneを使っている最中「脳みそは軽くな」発言

お父さんの「脳みそは軽くするな」=「脳みそを劣化させるな」だろうと思う

そんなガジェットばかり使っていると脳が衰えてきて使い物にならんぞと

人間の周辺はインターネットが誕生して以来急速に発展していき、先進国の人間となるとある程度の道具は手に入るようになった

遠距離の人と連絡取れるようになり、頻繁に連絡取る人の電話番号もボタンを3〜4回押す程度ですぐにわかるので覚える必要も無い

パソコンを開けば欲しい情報がいつでも手に入り、それが今度は移動中でも同等のものが手元で確認することができる

このように周辺の道具は発達してきたけど、脳みそって周辺の道具に対応できるほど発達したのか・・・・

山のようにある情報を的確に処理したり、数多くある道具を的確に使いこなす方法を知っていたりとか

色んな道具が人間の周り増えてきて便利になったけど、そのせいで脳みそは劣化してはいないのか。

色んな道具を使って逆に脳みそが劣化してくると本末転倒だよね

脳みその荷物を減らして思考しやすくするのが、荷物を減らしたせいで脳みそが劣化していく

あんまりにも荷物を減らしちゃうと脳みそにも筋トレが必要なんかねぇ〜
| ファディガ | 雑談 | 01:17 | comments(0) | trackbacks(0) | -
百貨店戦争〜東京の陣〜
 去年の12月25日に有楽町西武が閉店

その跡地にはルミネが出店

その前・有楽町西武に隣接していた有楽町阪急が「阪急MEN'S TOKYO」として生まれ変わる

リニューアルは競合環境の変化と抜本的なテコ入れが必要性とビジネスエリアや観光地という立地面が理由で

銀座にH&Mができてから有楽町から銀座周辺は客層に変化が見られたよう

特に女性は有楽町マルイやプランタン銀座があり20〜30代の女性が増えたとか

ファストファッションもレディースの方が圧倒的に品揃えが多く、FOREVER21にいたってはメンズは全くやる気を感じない

松坂屋には大丸心斎橋店で好評な「うふふガールズ」も入っている

そんなレディースが充実している有楽町・銀座エリアに阪急のメンズ館がオープンする

その阪急メンズ館のストアコンセプトは「おしゃれにこだわる大人の男のための高感度メンズファッションストア」

阪急メンズ館は有楽町・銀座というエリアでどんな立ち位置になるのだろうか・・・・

有楽町にはマルイ、ルミネと若者をターゲットにしたファッションビルがあり、ちょっと銀座を踏み込んだ辺りのマロニエゲート、ベルビアには大手セレクトショップやB'2ndやFRED PERRY、CROON A SONG、DESIGNWORKS、TOMMY HILFIGERなどマルイ、ルミネと同じ層と重なるターゲットのショップが

その奥の中央通りにはデザイナーズブランドの路面店やBARNEYS NEW YORK、ESTNATION、EIGHT MILLIONにSHIPS関連のショップなど30〜50代の高所得者層をターゲットとしたショップが連なる

逆の丸の内仲通りにはHACKETTやVULCANANIZE、COMME des GARCONS、Paul Smith、TUMI、THE SOVEREIGN HOUSEやBEAMS PLUSなど個性豊かにショップが並びTOMORROWLAND三銃士が構えている

東京駅まで足をのばすとBEAMS HOUSEやDRESSTERIOR、MACKINTOSH PHILOSOPHY、ITAL STYLE、TABLIOD NEWS、The DUFFER of St.GEORGE、B shop等々仲通り負けず劣らずの個性が強いショップが

伊勢丹メンズ館よりも包囲網が厳しい中で阪急メンズ館はどのようなポジション取りをするのだろうか

単純に商品構成だけを考えるなら被らないで商品構成するのは至難の業

このようなブランドを買う人が歩き回るのかっていわれると・・・・

ドメスティックブランド中心で構成したり大阪同様に09系も導入したり

インポートだと・・・・・John GallianoやMichael Bastian、Viktor&Rolf、Ann Demeulemeesterとかか・・・・

百貨店だけって考えるとブランドは導入しやすいんだろうけど

銀座の百貨店だと銀座三越にTom FordやNEIL BARRETT、BRUNELLO CUCINELLI、Valentinoが入っているくらいで他のブランドは障害なく導入できそう

そうなるとサービスやショップの雰囲気などの付加価値で勝負するのだろう

丸の内線で繋がれた関西・関東の両メンズ館が東京で対決

オープンしてから話題となり売り上げもいいと思うので、1年ほど経ってからが本当の勝負でしょう

どれだけ伊勢丹と違いを出せるのか、有楽町・銀座エリアでどのようにポジション取りをするのか

有楽町に来るお客さんをどのように取り込んでいくのか

阪急の戦略が楽しみです


| ファディガ | ファッション | 04:35 | comments(0) | trackbacks(0) | -
自分の趣味を考えてみた
 たまに「趣味が多いね」と言われることがある

男にしては多い方なんだろうか

今は服にお金が消費されるので、他の趣味にお金が行きようが無いけど余裕があったら他の趣味にもお金が使われるだろう

その趣味にも熱心な趣味とそうじゃないものがあるわけで、熱心なものに挙げられるのは

ファッション、フットボール、プロレスの3つ

フットボールは実際にプレーすることは少ないが小学1年のJリーグ創設時からずぅーと観ていて今までやってきたし、プロレスも小学3〜4年くらいから観ている。丁度NWOジャパンの頃

ファッションに関していえば専門学校の頃から興味を持ったので時期は短いが6年くらいになる

他にも趣味は色々あるし、色んなものに興味を持っては飽きり合わなかったり、直ぐに興味が薄れたり

で、この3つが長く続くのかを少し考えてみた・・・・・何故だろうと

ファッション、フットボール、プロレスの3つに共通するものが自分なりにあった

それは

・宗教的

・結果に縛られない

ということだろうか

1つの側面に極端に傾いていたり、何か自分が信じるものに洗脳されて時には結果をも度返しするくらいになっていく状態になる

そんな要素を含んだのがこの3つの趣味にはあると思う

ファッションはデザイナーの哲学があり、服の歴史を各デザイナーの哲学のフィルターを通りデザインされていく。当然市場も見ないといけないけど、行き過ぎたデザインやデザイナーの嗜好のみのマスに受け入れられない服も出来たりする

フットボールも結果が選考されるが「如何に美しく勝つか」というのが永遠の課題であり、その美しさも監督によって異なり千差万別だし、いつも勝利至上主義とスペクタクルというのは対立している

プロレスは「しょっぱい」という言葉がある

「しょっぱい」とは内容が悪い試合に使われるもので試合の質が低いものや選手同士が噛み合っていない試合などに使われる

どんなに勝とうともチャンピオンだろうともしょっぱい試合をしていてはプロレスでは許されないし、チャンスは巡ってこない

如何に自分らしい試合をして相手の良さも引き出して完成度の高い試合をするのがプロレス

そんな3つが趣味の俺です




| ファディガ | 雑談 | 04:38 | comments(0) | trackbacks(0) | -
時しらず閉店で
 来年の3月末に時しらずがオンラインも含め完全閉店するそうで

悲しいですね。明確なコンセプトがあってセレクトをしているお店が無くってしまうと

考えてみた。

「悲しいなぁ〜」「良いお店だったのになぁ〜」「良いセレクトしてたのになぁ〜」

と言っても俺は時しらずで何も買ったことが無い。店にはちょくちょく入っていたけど

何ぼ「いいね!」って言ったって、その店に何かしら貢献しないと他人事の発言

口だけならどんなほめ言葉も言えます

「いいセレクトだ」や「いい店の雰囲気だ」など

でもその店の何かに価値を感じたなら、それに対して少しでも対価で貢献しないと

HMV渋谷店が閉店したときにも、閉店を惜しむ声が少なからずあった

その閉店を惜しむ声の人たちの中でどれだけの人がHMVで買い物をしたのか

どれだけ口に出していても、ある程度行動に移さないと意味が無くなってしまう

自分が価値を感じるもの、その価値を高めたかったりその価値が長く続いてほしかったらその価値に対して少しばかりでも貢献するべきでないだろうか
| ファディガ | 雑談 | 08:40 | comments(0) | trackbacks(0) | -
2011 S/Sについて
 もう早いもので2010年も終わりに近づいています

で、ファッション界は来年の話に移っているわけで

来年のS/Sは何を買おうか・・・・・

ここ最近はある程度テーマを決めて買っていたが、来年1年間はテーマを決めずに買う

そう適当に服を買う

東京に来てからというもの色々なブランドを手にとって実際目で見て知らないブランドも知ることが出来た

その中で自分のファッションに対する考え方がここ3年で形になった

北海道を離れる頃からアイビー、アメトラ、プレッピーというファッションの存在を知り、それを軸にファッションを考えて、服も買ってきた

なので基本的に手持ちの服はアイビー、プレッピーを構成するものばかり

良く言えば個性が出ているが、悪く言うと似たものばっかり

で、ある程度アイビー、プッレピーに関連するものは揃ってきたので他のテイストを加えてみるかと

基本の考えは変えずに新しいテイストを自分なりの解釈で着てみようと

そういうこと

なので買うものは決まっていない

唯一決定しているのはCICATAくらいなもので

後は白紙

と言ってもTHOM BROWNEやRalph Lauren、beautiful people、Brooks Brothers、KITSUNEあたりはチェックするだろうし、S/Sの情報も漁るだろう

けど適当に買う

適当に買うには考えないで買う。考えると適当でなくなる。唯一はゴミにならないことだけ

ゴミにならなければ可愛い女の店員から適当に買ったりもする

規定の時間着たら目の前の店に入るなり直ぐに買う

そんな感じで買う

適当に買うので適当に色んな店見ないといけないし、偏見持ってはいけないし

財布が許す限りは

に加えて適当に買えないことが1つ

それは何十年後かに着る服を今から買っていこうと考えている

何十年か後、具体的に言えば40代に着る服

生きてるかは不明だけど、40代の時に着たい服、将来着たい服を買う

それはTHOM BROWNEを中心に買っていく

買っていくだけ。40代まで決して着ない。とっておく

それを1シーズン1着でも買っていけば17年後に40代なので34着は最低でも手元に蓄積される

34着なんてあれば雑誌の企画にある1ヶ月コーデーなんて余裕で、それまで買った17年間の服と合わせるとワクワクする

この何十年か後の服はいつも通り計画的に買い物していく


| ファディガ | ファッション | 12:09 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スエット上下
 ランニングするときはいつも皆さんはどんな格好をしていますか?

最近はランニングウェアもファッショナブルになり洗練されてきました

レディースではスカートも登場したりして

港区特に六本木周辺なんて行くと相当お洒落なランナーを見たりします

でも現状のランニングウェアは好きではない

どれも似たり寄ったりで

ですき間産業的に何かないかと思ったのがスエットセットアップでランニング

そうです。ロッキーみたいに(ロッキーは1回も見たことないです)

アイビーなんかもスポーツはスエットでしたので



今回買ったのはSFIDAのスエットセットアップ

SFIDAはフットサルのブランドで主にフットサルボールのブランド

ウェアも力を入れていて作っています

このスエットセットアップはシルエットに従来のスエットウェアのようなにダボつかずにすっきりしていて、パンツもセンタークリースのようにラインが入っているので見た目のカジュアル感も軽減されている

色も中々目にすることのないチャコールグレー

大抵はライトグレーくらいの明るめが多いですが


パンツは裾が長いので短くしてからランニング用に使おうと思っており、丈はどれくらいにしようか考え中・・・・・

スエットというとキング・オブ・スエット?のChampionが有名

他はスポーツブランドとかあるのだが、どうもシルエットがってなる

今ランニングするときに着ているChampionのスエットセットアップもダボつき

あまりダボついたウェアでスポーツはしたくないので今回のスエットセットアップに至りました

他にも良さそうなスエットはSVOLMEやLUZeSOMBRA、Championのレディース、MAYO SPRUCEなど

シャツの方はシルエットの良い物は案外見つけられるが、パンツはなかなか見当たらない

シルエットが良さそうなTOMORROWLANDのオリジナル、SOLIDOのパンツも高い

精々セットアップで2万円が限度ですね

スエット地は柔らかく丈夫なので結構パターンをいじってもスポーツに支障が出るような生地じゃないと思うからスッキリしたシルエットのスポーツウェア作れそうだけどなぁ〜

一般人なんてそんなに激しく動きもしないし

コスト面でアウトなんでしょうけど

次のスエットはMAYO SPRUCEかSVOLMEを考えています

夏になるとそんな場合じゃないけど
| ファディガ | ファッション | 06:27 | comments(0) | trackbacks(0) | -