スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
人間の抵抗力
 原子力が話題になっているからでなく、オール電化関連のツイート見て思ったこと

俺はIHで料理するのがちょっと抵抗ある。それは

・熱せられる機器の中央部分しか熱くならない

・微妙な温度調整ができない

・卵焼きフライパンなど、傾けて使う機器は不向き

などあるが、1番の理由は

・火を見ないと料理をしている気にならない

という精神的なもの

生まれた頃からIHで過ごした人は、抵抗なくIHを使えると思う

これは「CDで聞かないと音楽じゃない」「紙じゃないと書籍じゃない」と同じ部類の発想

基本家に備え付ける調理機器と違って、CDや紙は発信する人から他の人へ手に渡る手段としての道具

その利便性が抵抗感を無くしているのか

CDは元々レコードから移行されたもの。レコードからCDの移行段階でそんな抵抗はなかったのだろうか?

抵抗がなかったとしたら、CDからデータ配信、紙から電子書籍に移行するのに何故抵抗があるのだろう・・・・

まぁ〜大人の事情ね
| ファディガ | 雑談 | 16:43 | comments(0) | trackbacks(0) | -
総選挙の注目
 こんにちわ

今日はAKBの第3回目の総選挙のニュースがありまして

この選挙は次の次のCDしか効力を持たないので、前田VS大島の政権争いはどうでもいいんだけど

で、個人的に注目することを6つ


・人気急上昇のゆきりんは上位7人の牙城を崩せるのか
 この1年で人気急上昇!?の柏木由紀。フレンチ・キスを結成したりとか、メディア露出も多くなってきている。第1・2回と1〜7位のメンバー(大島、前田、篠田、板野、渡辺、高橋、小嶋)はある程度の地位と知名度を持っていて、崩れなさそうな面子。その面子を柏木由紀は崩せるのだろうか・・・・


・運営超プッシュの太田プロ勢の行方は
 昨年末辺りから指原莉乃横山由衣の太田プロ所属の2人が大プッシュされてる。一応人気の伴ってのプッシュだが、プロダクションの力もあって異様なまでの露出っぷり。まして横山由衣は研究生から昇格してまだ6ヶ月。どのくらいまで上位に食い込んでいけるのだろうか


・トップ5の動きは
 個人的にはトップ7ではなく、トップ5と思っている。それだけ柏木由紀が他の2人を食うと思っているけど。そのトップ5→大島優子前田敦子篠田麻里子板野友美渡辺麻友。この5人はある程度磐石で票も6位とある程度開くんではないだろうか。
気になるのは、このトップ5人の順位。第2回目は2位の前田敦子と3位の篠田麻里子には3000票と結構大きな開きがあるが、篠田麻里子から渡辺麻友までは3000票。加え、篠田麻里子と板野友美はこの1年間で女性支持が相当増えたので、女性支持が直接票に結びつくのかどうなのかが気になる


・松井玲奈は真のトップになれるのだろうか
 AKBとは直接関係ないけど、SKE48の人気を二分する松井珠理奈松井玲奈。第2回目の総選挙は松井珠理奈が86票差で勝利。だが、SKE48リクエストアワー2010では松井玲奈のソロ曲「枯葉のステーション」が1位を獲得。SKE48のリクエストアワーでSKE48のシングル曲ではなく、松井玲奈のソロ曲が1位・・・・この結果が今回の総選挙に現れるのだろうか。W松井が順位一桁になるのか


・メディア選抜の境界線
 具体的にはメディア選抜というより、10位前後メンバー(宮澤佐江、松井珠理奈、松井玲奈、河西智美、高城亜紀)。ここ位置のメンバーは票が僅差でメディア選抜の席を争うポジション。また指原莉乃や横山由衣、北原里英Not yet勢も絡んできそう順位一桁のみならず、メディア選抜の熾烈な争奪戦が行われそう


・フレッシュレモンなど研究生
 AKB48の正規メンバーの知名度低いメンバーよりも人気あるとも言われる一部の研究生。今年から太田プロ勢と一緒にプッシュされる”隠し球”のフレッシュレモンこと市川美織。市川美織は第2回目総選挙の島崎遥香28位の研究生記録を抜くことは出来るのだろうか・・・・



死ぬ気でAKBやっている第3の松井、松井咲子はどうなるのだろう・・・・・
| ファディガ | 雑談 | 17:48 | comments(0) | trackbacks(0) | -
渋谷〜原宿
 テレビでは災害の話で持ち切り

災害後に待ち受けているのは、経済問題

この自粛の流れで数ヵ月後経済の話ばかりじゃないかな

経済の停滞は東京でも見られていて、主な経済地は人が疎らな状態

結構危ないということなので除いてきた

場所は渋谷・原宿





















まずは渋谷

時間は13:00くらい

凄い人が居ない

アジアカップで優勝して騒いでいたときよりもセンター街には人が居なかった


































今度は渋谷から原宿へ向かう所から裏原とラフォーレの交差点

明治通りは平日並みの人でグラニフは営業していなかった。外資系のブランドも営業していない

でもフォーエバー21は営業中。震災時も通常の営業時間でやっていたはず

1番人の少なさが実感できるのは、交差点の写真

休日はいつも人で一杯。雨の日は傘がぶつかる位の人の多さなのに余裕がある

キャットストリートも通ったが、いつものように人が居なかったので写真は撮らなかった





でもゴジラが並べてあった家があった


| ファディガ | 雑談 | 20:19 | comments(0) | trackbacks(0) | -
地震での東京〜西神田辺り〜
  地震で宮城県、福島県は結構な被害があった

テレビを見る限りだと、この2県の情報ばかりが取り上げられていて他の県、地域の被害状況が確認できない

なので自分の家の近くで地震の被害らしきものをアップ(必ずしも地震の影響じゃないものあるかも)


これは家の1番近くで地震の影響か家全体にヒビが入っている




扉の右上はこんな感じ




隣の家との隙間なのだが、ちょっと出っ張っちゃってる










これも直ぐ近くで、アダルトショップの看板が落下して寄せられている










ここは建物と歩道を繋ぐ所が陥没












印刷系の事務所?だっけか。階段部分にヒビが入っている












建物のレンガが地震で剥がれ落ちて、こんな感じ








他の建物でも剥がれている









こんな感じでヒビ入っている所も










これは地域の地図。よく建物なんかに掛かっている物だけど、地震で落ちたのか?片付けられた後かな












違う場所の写真だけど、柱に崩れている建物が


ってな感じで東京でも少なからず被害はあった

今日もコンビには品薄状態で、店も疎ら営業。平日がビジネス街だなんて思えない感じ
| ファディガ | 雑談 | 20:02 | comments(0) | trackbacks(0) | -
マスメディアのできること
  1日経って結構悲惨な状況がわかってきた地震。最初情報を手に入れたときは、ここまで大きな地震だとは思いもしなかった。俺は連日地震によってオフライン状況になったため、地震の情報は主にテレビを通じて摂取している。テレビは微々たる差の情報をリピートするばかりで、良い意味でも悪い意味でも何も進展のない報道。その点もう一つの情報源であるTwitterは良い意味でも悪い意味でも、情報に進展性の見られるメディア。今回の災害においてもマスメディアの無力さ、固執さが目に付く感じだった。マスメディアにはもっと柔軟にもっと工夫した対応を求めたい。

 今回テレビを見てマスメディア(主にテレビ局)がマスメディアで終わらないため、報道以外で何ができるか考えてみた。毎回大きな災害になったとき、現地に直ぐ足を踏み入れることができるのは国かマスメディア(主にテレビ局)。危険地帯や許可の有無関わらず。今回の地震でも1、2位を争う早さで現地へ行き、状況を伝えることができた。

 その迅速に現地へ行くことができたり、危険な地域にも足を踏み入れることのできる行動力を使わない手はない。どの行動力をどのように使うべきか。それは被災地の人々への支援。テレビ朝日で病院が孤立状況になり、「HELP」や「食料」と布に書いて助けを求めている映像が何回も流されていた。テレビ局は周囲が泥で覆われて、国でもヘリコプターを使わないと立ち入ることができない地域に立ち入ることができる。それなら単純に食料を投下すればいいじゃない。それはくらい出来るでしょ?災害の規模も把握できないとか連呼しているが、各テレビ局で死者や災害状況を争うように報道しないで、的確に情報を集めて被災状況のマップでも作ればいいじゃない。

 そういうことって現地の状況を確認できる国かマスメディアしかできないことですよ。枝野には「ヘリうるさい」って言われたけど、物資を送ったり避難民に対しての本格的な対応は国が3日目からしかできないことを臨機応変に対応すれば、数時間で出来るんだから。「枝野、ちょっとうるさくしてごめんね」って言って、首都圏や他の余裕のある地域から物資かき集めて黙々と被災地へ届ければいいんだよ。それだけでも命が助かる可能性あるんだよ。これからの時代マスメディアは報道するだけ、宣言するだけ、洗脳するだけでいいの?もう1回考え直すチャンスだよ。

| ファディガ | 雑談 | 16:50 | comments(0) | trackbacks(0) | -
マスメディアは
 3月11日に三陸沖を中心とする地震があった。地震の時はユナイテッドアローズの面接をしている時で、面接が2回中断されて外の駐車場に非難した。ユナイテッドアローズの事務所は青山一丁目にあるので、外の風景を見ると高層ビル群が揺れていた。

 その後青山一丁目から原宿・渋谷方面に行ったら、ヘルメットを持っているサラリーマンや公衆電話を待っている人達、テレビに群がる大衆の人が。このような大規模な災害が起こったときマスメディアは強い力を発揮する。皆が同じ情報を知りたいし、電話やネットが一時的に使えない状況、使いづらい状況になったときや情報が少ないときはマスメディアのインフラは強い。

 だが1日経過をして分かったことが、マスメディアは相変わらず”同じ情報しか流さない”ってこと。勿論皆の関心事っていうのは地震のことなのは間違いないのだが、どのテレビ局も同じ映像をリピートし、あまり進まない現地情報を延々と喋り続ける状況。現地の被害状況全体を把握できないとはいえ、図で分かりやすく表記しないで文字を連ねるばかり。また変わることの無い状況ばかりで、これからどうするべきか、どのように行動するべきなのかっていうのを提示しない、進歩の無い情報ばかり。こんなときにマスメディアは自分達の力を大いに使うべきなのだが。

 NHK教育・総合含めて全7局は微々たる差の同じ情報を延々リピートするのでなく、各テレビ局が情報を担当するようにしたりするべき。どのテレビ局はどんな情報に特化して情報を発信するなり、放送に工夫をするべき。またマスメディア特有の一方的な情報発信ばかりが行われている。国の行動も同じだろうが、マニュアル通りの報道と情報発信。現地の人達のニーズを聞くことなく、見ている聴衆者のニーズを知ることなく一方的に流し続けている。今は相互コミュニケーションのとれるソーシャル・メディアが存在している。テレビ局で地震専門のアカウントやハッシュタグでも作成して、通信状況が悪いかもしれないが、現地の人のニーズを吸いだしたり、生の現地情報を容易に全国へ発信できる場を作ることが必要だと感じる。このような役割はネットで十分と言う声をあるかもしれないが、マスメディアの影響力、企業体力を考えるとやるべきだ。これまでネットをキワモノ扱いや悪のものとして色眼鏡を掛け続けてきたことがマスメディアとのコラボレーション、地方・過疎地との非接続的状況を生んでしまったのでないか。ネットはキワモノでもないし、悪でもない。

 ローカルな情報、パーソナルな情報はマスメディアで発信していけないという訳ではない。もっと柔軟で工夫された対応をマスメディアには求める。

| ファディガ | 雑談 | 16:49 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ネタ不足こそチャンス!?
 こんにちわ

久しぶりに思いついたことを

明日AKB48の全メンバーが出演するドラマ「桜の手紙」が9夜連続で放送される

シェアしている人が

「9夜連続って長いなぁ~」

と言った

俺も

「ネタが無いんだよ」

思った

「ネタ不足こそチャンスじゃない!?」と


近年は広告費の激減やネットの台頭、価値観が多様になったことでマスメディアの影響力が薄れてきた

マスメディアも何をユーザー側に発信していけばいいのか分からず、ネタ不足に陥っている

ネタが無い、お金が無いの状況でどうやって数字を取るのか

それはリスクのある面白そうなことをやるより、リスクが少なくある程度受けのいいことをする

それに適した商品がAKB48

去年AKB48は一般層にも名前が知れ渡るくらいまでの活躍を見せた

今年AKB48が取り組むことは「個人の名前を売ること」だと思う

それは
・数年後主力メンバーが卒業した後も継続してファンを続けてもらうため、知名度の低いメンバーのことも知ってもらい、新たな推しを増やす
・AKB48のファンじゃない人も知名度の低いメンバーを知ることによって、新規のファンになってもらう
・主力メンバーがスケジュール上揃わなくても、メンバーにムラを出さないよう知名度の低いメンバーの名前も知ってもらい、AKB48のブランドネームを落とさない

ため、今年は個人の名前を売ることに取り組むのではないだろうか

で、それがネタ不足と何の関係があるのか、どこがチャンスなのか・・・・

AKB48としてメディアに露出するときスケジュール的だったり金銭的問題で主力メンバーを使えないことが出てくる

マスメディアはネタに困っている、でも大きいリスクは避けたい

そんな無難に処理したいときはAKB48というある程度計算のできる商品を使ってくると思う

「面子が揃わない、でもAKB48を使いたい」となったとき、本来主力メンバーが使われていた枠が空く可能性がある

その枠に知名度の低いメンバーが投入という事態が起こるのではないか

具体的に(河西智美、宮澤佐江)指原莉乃や高城亜紀、北原里英、宮崎美穂、倉持明日香、仲川遥香など

AKBファンの間では当然知られている名前でも、一般層には浸透していない名前

このメンバーたちが本来なら主力メンバーが占めていた枠に登場する補完関係によって、徐々に知名度を上げていき「新規ファンの開拓」「従来のファンの継続」「ブランドネームの維持」に繋がるのではないだろうか

そして大事なのは、知名度の低いメンバーをマディア露出させる際、”不特定多数に見せること”

ファンしか見ない深夜の番組やラジオに登場させるのでなく、一般人でも日常的に目を通しやすい媒体に登場させることが一般層で知名度が上がるのでないだろうか


| ファディガ | 雑談 | 21:28 | comments(0) | trackbacks(0) | -
今こそマスメディアの力を
 突然ですが、明日2月11日午後9時から新宿で殺人予告があります

これは2ちゃんねるに6日あたりから書き込まれていたとの

この予告はネット上でしか情報が出回っていない

唯一マスメディアで取り上げているのが日刊スポーツ

他も新聞やテレビで報道しているのかもしれないが

で、マスメディアに言いたいのは

「事を起こる前に報道しろ」

と言いたい

何故、ここまでマスメディアは報道を避けているのだろう

こんなネット上で話題になっていることを知らない訳がない

なのに何故、マスメディアは報道をしないのか

それはネット=悪をより一層強めたいからに他ならない

ここ最近インターネットの登場で、マスメディアの実態がどんどんわかってきた

問題の本質に触れない報道、お金によって操作されている情報、横並びでリスクを冒さない報道、あたかもバイアスがかかってない世の中の常識のように流す情報etc

今までひねくれの報道・情報を一方的に流し、日本人を洗脳してきた

だがネットの登場により、良くも悪くも相互関係の情報へと変化し、マスメディアの力がネット登場以前より弱まわり、マスメディアにとってネットが脅威の存在になった

そんな脅威の存在から逃れる手段としてマスメディアの取った方法は、悪の部分のみ取り上げる「揚げ足取り」に出た

ネット関連で起こる事件に関しては徹底的に「ネットのせい」と一方的に叩く

「これだからネットは悪い」

と悪の報道ばかりする

どんなものにも善と悪があるが、マスメディアの報道・情報ではネットの悪の部分のみ取り上げる

脅威の相手を押さえ込みたいがためだけに

今回の事件もくだらない揚げ足の材料にされるかもしれない

事前に報道して皆に知らせるより、事件が起こってから

「情報源はネットだ。これだからネットは悪だ」

と騒ぎ立てる

以前よりもマスメディアの力が落ちてるといえ、日本において報道では力がある

テレビや新聞で一斉に報道して、皆が殺人予告を知り事件が起こっても最小限で抑えることも防ぐこともできる

逆にマスメディアの報道によって、実行犯を煽るという意見があるかもしれない

だがマスメディアのあからさまな報道の少なさを見ると、人が死んででもネット悪を強めたいとしか思えない

今こそマスメディアの力を示すとき

事件が起ころうが起こらなくとも、ネット上で予告が認知されているだけに報道するべきだ

最後に一言

「マスメディアは事件を取り上げたいのか?それとも正確な情報を伝えたいのか?どっち?」
| ファディガ | 雑談 | 18:21 | comments(0) | trackbacks(0) | -
2011S/S一発目
 こんばんわ

身体痛くてランニングしようか悩んでいる状況で

まだ冬な気温(北海道出身にすれば東京の冬は・・・)だが、もう春物が手元に


俺が好きなブランドのCICATA

これは綿と麻(ラミー)の混紡素材のオックスフォード地。それに後染め?

麻というとリネンという呼び名が多いが、これはラミー

リネンってのは亜麻のことで、ラミーは苧麻のこと

違いはラミーはリネンに比べ少し硬く、ザラついた感じとの

麻があまり好きじゃない俺はリネンのザラつき具合、シャリ感といったらとなるんだけど

麻が混ざってオックスフォード地となると、涼しさが抜群

シルエットもいつものCICATAのシルエット

細身で余りも無くて良い感じ

色はクリーム


これもCICATAのチルデンニットのベスト

こちらはリネン100%

今季のチルデンはロングスリーブとベスト。色はこのドラミちゃんカラーと2010S/Sにも出していた赤×紺の2種類

赤×紺の通常のチルデンニットはこの間のSMAP×SMAPで中居正広が着用していた

2010S/Sはコットン100%で今季はリネン

シルエットも今季の方がいつものCICATAのようにスッキリしている

ケーブル編み特有の編みの大まかさにリネンの隙間感がプラスで目は詰まっていない

夏でも蒸れないでしょう


カエル刺繍も付いています

近年、西海岸がトレンドだったり、気候の変化などで麻が重宝されているが、麻って高級の素材とか聞いたこと無いね

麻自体、高級なものとかそんな区分ないのかな


今季からCICATAの札も白の長方形から黄色のこんな感じに変化

今季のCICATAは展示会を行かせてもらいましたが、麻を使ったアイテムが非常に多かった

それにカラフルなアイテムばかり。2010A/Wがアース中心だっただけに、よりカラフルが目立つ

今季はこれから何を買っていこうか・・・
| ファディガ | ファッション | 20:37 | comments(0) | trackbacks(0) | -
(憶測です)
 早朝からブログです

さっき、NHKのナレーション無しのドキュメンタリーみたいのを見ていた

日本の風景が流れるやつ

その番組で糸を作るのだったり、酒造が映っていた

このような日本の伝統的な産業はよく

「高齢化と後継者不足」

というのが課題になっている

理由としては

・見栄えの良い職業でない

・給料が低そう

・田舎の何も無いところでやらないといけない

・産業の縮小、海外に委託

・就活性の大企業思考(関係あるかな>)

などあると思う


で、俺が思った問題点がある。それは

・日本特有の閉鎖的な環境

っていうのが「高齢化と後継者不足」に繋がっているんじゃないかなと

日本の伝統的な産業の仕事をイメージしてみると

・完璧な年功序列

・見て覚えろ

ってのが真っ先に浮かんでくる

その場所の在籍年数が長ければ、良い仕事をしているという発想

別に経験を否定しているわけでないし、マイペースで仕事やりたいのならばそれでいい

でも市場として生き残っていきたいと考えているなら、市場にあった発想、仕事をしないと

それが在籍年数長い人ができるとは限らないし、新しい発想を取り込まないと組織が固まってしまう

また見て覚えろ

仕事は全て見て覚えろというのは、ちょっとどうなんだろうと

その仕事を何回を経験してきて感覚的なことってのは、言葉で伝えにくい部分があったり、何回もやってみたり、自分より経験のある人を観察する必要があるのかもしれない

だが、仕事に必要なノウハウってのは対象者に合わせてどんどん教えていいんじゃないかなぁ〜と

仕事を早く吸収していくし、教わった人から新たな発想が生まれたりしたりする可能性もある

このような閉鎖的な環境と発想ってのは自分達のコピーを作る上では適していたのかもしれない

けど、それが現代には適していなくなっていると感じる

自分達の産業を多くの人に知ってもらい、後継者探しにも繋げていく活動するには閉鎖的な環境よりも開放的な環境の方が人が集まってくると思う

産業、組織に新しい発想を持ち込んで試してみたり、仕事の内容を公開して意見が溢れる状況を作ってみたりして開放的な環境づくりをしていったら停滞している日本特有の産業も元気になるんじゃないかな?


| ファディガ | 雑談 | 05:36 | comments(0) | trackbacks(0) | -