スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
マスメディアのできること
  1日経って結構悲惨な状況がわかってきた地震。最初情報を手に入れたときは、ここまで大きな地震だとは思いもしなかった。俺は連日地震によってオフライン状況になったため、地震の情報は主にテレビを通じて摂取している。テレビは微々たる差の情報をリピートするばかりで、良い意味でも悪い意味でも何も進展のない報道。その点もう一つの情報源であるTwitterは良い意味でも悪い意味でも、情報に進展性の見られるメディア。今回の災害においてもマスメディアの無力さ、固執さが目に付く感じだった。マスメディアにはもっと柔軟にもっと工夫した対応を求めたい。

 今回テレビを見てマスメディア(主にテレビ局)がマスメディアで終わらないため、報道以外で何ができるか考えてみた。毎回大きな災害になったとき、現地に直ぐ足を踏み入れることができるのは国かマスメディア(主にテレビ局)。危険地帯や許可の有無関わらず。今回の地震でも1、2位を争う早さで現地へ行き、状況を伝えることができた。

 その迅速に現地へ行くことができたり、危険な地域にも足を踏み入れることのできる行動力を使わない手はない。どの行動力をどのように使うべきか。それは被災地の人々への支援。テレビ朝日で病院が孤立状況になり、「HELP」や「食料」と布に書いて助けを求めている映像が何回も流されていた。テレビ局は周囲が泥で覆われて、国でもヘリコプターを使わないと立ち入ることができない地域に立ち入ることができる。それなら単純に食料を投下すればいいじゃない。それはくらい出来るでしょ?災害の規模も把握できないとか連呼しているが、各テレビ局で死者や災害状況を争うように報道しないで、的確に情報を集めて被災状況のマップでも作ればいいじゃない。

 そういうことって現地の状況を確認できる国かマスメディアしかできないことですよ。枝野には「ヘリうるさい」って言われたけど、物資を送ったり避難民に対しての本格的な対応は国が3日目からしかできないことを臨機応変に対応すれば、数時間で出来るんだから。「枝野、ちょっとうるさくしてごめんね」って言って、首都圏や他の余裕のある地域から物資かき集めて黙々と被災地へ届ければいいんだよ。それだけでも命が助かる可能性あるんだよ。これからの時代マスメディアは報道するだけ、宣言するだけ、洗脳するだけでいいの?もう1回考え直すチャンスだよ。

| ファディガ | 雑談 | 16:50 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:50 | - | - | -









http://fadiga.jugem.jp/trackback/67